底地を扱う際はプロの専門業者に相談して無駄を省く方法

SITEMAP

底地

底地について

紙

底地とは、土地の所有者が土地を他人に貸して、地代を徴収している土地のことを言います。借りているほうには借地権があたえられ、建物を建てることが可能となります。
つまり、他人の建物を建てる為の土地を貸していることなるのです。一つの土地に対して、土地と建物の持ち主が違うことになり、権利の関係がとても複雑になるので、資産価値はどうしても低くなってしまいます。土地を借りて住んでいる人間がいる限り、土地を自由に転売したり利用することも難しく、底地だけを売却することも難しいので、メリットはほとんどないと言っても過言ではありません。
こういった権利関係が曖昧な状態を解消するためには、二つの方法が存在します。地主が借地権を買い取るか、借地権者が底地を買い取るかです。こうすれば土地の持ち主と建築物の持ち主が同じになり、借地権が完全所有権になります。そうすれば、土地の売買や利用なども可能になり、資産価値も上がります。
ですが、売り買いが発生するとなると、価格を決めなけらばいけなくなり、色々と複雑な状態になってしまいます。底地の扱いは難しく、権利関係が複雑なので何かお困りの方はプロに一度相談してみらいいアドバイスを貰えるのではないのでしょうか。

PICK UP

TOP