底地を扱う際はプロの専門業者に相談して無駄を省く方法

SITEMAP

底地

底地収益は低い

家

借地権は地代を払い土地継続し借りられる権利であり、借地権は土地権などがありますが、木造住宅ならほとんど賃借権です。借地権がついたしょゆ系のことを底地と言って、旧法賃借権が設定されてる底地だけを売価yくするのは難しくて収益性がないことで不良資産と称されたりします。底地は収益がとても低くて個人の人が買うのはほとんどありません。
地主が収益低くても底地を売らない理由は地主にとって損得勘定でなく土地を守ってる意識が高いこともあります。貸借件なら売却にあたってあらかじめ土地所有者の地主の承諾を得ることが必要。地主からすると収益にならない底地をさっさと売却してしまいたくなります。借地人からすると建物を地主に買い取ってくれるか、地主からすると底地を借地人に売ることを考えます。
借地権の評価が6割、底地が4割というのがあって、これは相続発生したとき相続不動産を評価するための数字です。借地人からすると地主に貸借地権割合を基準に売却したいはず。地主からしたら借地権割合7割でも元から自分の土地で高い代金を払い借地権を買うのは受け入れがたかったりします。地主にとって底地収益が低いですが、借地人が底地を購入してくれないことが多いです。 

PICK UP

TOP