底地を扱う際はプロの専門業者に相談して無駄を省く方法

SITEMAP

底地

底地も土地活用方法の一つです

ビル

底地という名前を聞いたことのある方は、少ないと思います。簡単に言うと地主から借地人が土地を借り、その上に建物が建っている場合に出てくる言葉で、「土地は他人に貸しているけれど、所有者は地主」という意味です。
なんとも面倒な制度ですが、案外身近にも該当する例があります。例えば小売企業がショッピングセンターを建設する場合に、地主から土地だけを借りて建物は自前で建てる場合はこれに該当します。
底地にしてしまうと地主が自由に土地を使うことができません。そこまでして底地でも土地を活用するメリットは何なのでしょうか。
実は、地主には固定資産税がかかっています。更地であっても税金を払わなければなりません。土地を貸していれば、たとえ地上に建物が建っていたとしても借地人から定期的に賃料を得ることができます。また地上に建物があるということはある程度の年数は土地を使用するということですから、安定的な収入が見込めます。
さらに、土地の管理も借地人がしてくれるというメリットもあります。例えば、更地であれば1年もたてば草原になってしまいますから定期的な除草が欠かせません。このような管理の手間が省けることもメリットです。
このように、底地も一つの土地活用方法といえます。

PICK UP

TOP