底地を扱う際はプロの専門業者に相談して無駄を省く方法

SITEMAP

底地

底地売却の注意点

積み木

底地は保有してる人たちから一括して売却したいといった希望が寄せられることが少なくなくて、処分できる物なら処分したいと思ってるようです。将来相続が発生したとき底地売価し相続税納税資金を作れるのか不安だったり、借地人は単身高齢者ばかりで住宅老朽化し、街並みも暗くなって資産価値が減少する一方だったりします。
底地一括売却のメリットですが、底地売却資金をそうぞ考税納税資金に活用できて、今より固定資産税や都市計画税の負担が大幅軽減されて、将来相続人の不安も解消されて彼らとの人間関係がよくなったりします。デメリットには底地を売却し発生した譲渡益に対し2割の税金が課税されて、周囲の親戚地主から売却行為をとがめられるケースがあり、親し借地人との人間関係が変わる不安も出てきたりします。底地一括売却でいくつか注意点もあります。購入者は底地開業者と言われる不動産会社で購入にあたり条件が各社異なります。
そして借地権ごと土地分筆し引き渡しを要望する会社もあり、このとき引き渡しにかなり時間が必要で、最悪分筆もできなくて引き渡し出来ないケースもあったりします。・底地の一括売却の契約書はいろいろ特約が網羅されて知識がない売主は不利な条項と気がつかないで契約締結するケースがあります。

底地はあまり高く売れない

底地投資メリットは空室リスクがなく手間がかからず、更新料など得らえるケースがあります。不動産投資家、株式投資家との間でひょうかが分かれ不動産投資はは日々いろいろな業種の人とコミュニケーションしますが、株式投資家はコミュニケーション能力はいらないです。
ですが、不動産投資家が泥臭い人間関係を好むのでなく、単にそうした人間関係の調整が儲けの種であることが多かったりします。底地投資最大のメリットはいま日本の不動産の中で最もゆがみが大きな分野が借地・底地権であることで、このゆがみの大きさが利益厳選となることです。底地はメリットは手間がかからないこと。普通の賃貸経営に比べて設備が壊れたり雨漏りしたなどトラブル少ないことです。
基本空室期間はなくて、借地権で建物が立ってる以上は空室期間はなく、逆に借地権がある以上は地代が発生。なので、これが入ってこないからと言って心配はいりません。そして借地人が建物を新築したときにはまとまったお金をもらえたりします。なので、通常賃貸経営をするより手間がかからず収益をあげられるのです。デメリットですが、地代が安くて、収益が低いこと。底地を売却してもあまり高くは売れないことを覚えておきましょう。

底地のメリット

底地(そこち)という言葉をご存知でしょうか。あまりなじみがなく、イメージしづらい言葉だと思います。
底地とは一般的に、『借地権などの権利がつけられて貸し出され、地主が賃料を受け取っている状態の土地の所有権』のことを言います。
なかなか複雑な土地です。
底地は、土地の所有者と利用者が賃貸借契約を結んでいることになります。なので、利用上の制約を受けてしまいますし、底地の権利だけを売ることもできませんので、自分の意志で自由に活用することはできません。
ここまで見ると、デメリットしかないような底地ですが、ちゃんとメリットもあります。地主から見るメリットは、自分の土地を貸しているので月々安定した収入が得られることです。それに加え、固定資産税の軽減や、相続税の軽減もあります。
借地人から見るメリットは、地主側に正当な理由がない限り、半永久的に土地を使うことができることです。法の下では、借地人の建物の権利は、地代を払い続けている限り、完璧に守られています。
このように、底地にはメリット、デメリットもありますが、できるだけ自分にとって有益な土地にしたいと思われるでしょう。先々を考えて、将来的な利益にするか、それよりも目先の利益を優先したほうが良いのか、しっかりと考えて土地活用をしましょう。


みなさんは底地をお持ちでしょうか。もしお持ちでしたら、底地の買取を行ってもらうことを検討してみてはいかがですか。底地を買い取ってもらい利益を出すことが、有益な活用方法だと思いますので、ぜひご検討くださいませ。

UPDATE CONTENTS

PICK UP

TOP